ジッタリンジン好きに聴いてほしい邦楽ガールズバンド・ヴォーカル【15組】

イカ天出身で、「夏祭り」「プレゼント」「にちようび」などでヒットを飛ばしたジッタリンジン。
そんなジッタリンジン好きにオススメの邦楽ガールズバンド・ヴォーカルを15組紹介します。

「キャッチーでPOP、懐メロ、レトロ、スカ、ロカビリー、昭和歌謡」といったキーワードや女性ボーカルという括りでピックアップしてます。

ジッタ好きならきっと気にいる曲があると思うので、チェックしてみてください。

ジッタリンジン好きにオススメの邦楽ガールズバンド・ヴォーカル【15組】

一組ずつ簡単なプロフィールやお勧めのアルバム、曲を紹介していきます。

アルバム(画像リンク)は基本取り上げた曲が収録されたもの。

リンク先はAmazonですが、中には新品中古問わず手に入りにくいのもあります。
アルバム画像を貼ってない(貼れない)のは、おそらく流通してないものです。

the suzan

2004年に姉妹であるSaoriとRieを中心に結成された4人組ポップバンド。
「HOME」を初めて聴いた時はかなりのインパクトですぐにアルバムを購入。

すべてにおいて抜群のセンスを感じて、当時はある意味ジッタ的存在になるかもと期待してました。
(過去形なのは、現在は姉妹2人ユニットになり、バンドサウンドからは離れているため。)

2人体制後も良曲を発表していて、丸井のCM曲に採用されていたり、耳にしたことがある人も多いと思います。

GO!GO!7188

2000年にデビューし、2012年に解散したスリーピースバンド(ドラムは男性)。
代表曲は「こいのうた」や「浮舟」など多数。どこか懐かしいロックサウンドはジッタ好きに刺さるはず。

ジッタとは「ジェットにんじん」の歌詞で問題になったり、2009年には対バンして「因縁」を解消したり、浅からぬ縁があります。

懐メロっぽい「真夏のダンスホール」が良いかと思ったんですが見当たらなかったので、名曲「C7」を。

少年ナイフ

1981年に結成し現在も活動中の老舗的スリーピースバンド。
ニルヴァーナのカート・コバーンが好きと公言したり、ツアーで共演したことで海外でも有名。

自分が最後に行ったジッタのライブは2009年の少年ナイフとの対バンでした。
それほど大きくない会場に、外国人が結構いて「さすが少年ナイフ」と思ったのを覚えてます。

ロリータ18号

ロリータ18号も1989年から活動する息の長いパンクバンド。
メンバーはそこそこ入れ替ってますが、vocal石坂マサヨの唯一無二でパンキッシュな声はずっと変わらず。

「Rockaway beach」はラモーンズのカバーで、何気なく見てると、途中で本物のジョーイ・ラモーンが出てきてビックリします。

スクーターズ

60’girls pop、モータウンサウンドを継承し、1980年代に活躍したコーラスグループ。
オールディーズの名曲カバーも収録された「コンプリート・コレクション」はガールズポップ好きには必聴の一枚です。

2012年には約30年ぶりに復活。
リリースした2ndアルバム「女は何度でも勝負する」は志摩遼平(ドレスコード)や宇崎竜童、小西康陽といった豪華なミュージシャンが曲を提供しています。

Go-Go 3

ジッタがメジャーデビューしたキッカケと言えばバンドオーディション番組「イカすバンド天国(通称イカ天)」。
Go-Go 3も1990年頃、イカ天に出演した4人組バンドです。

イカ天キングを勝ち取ったり特に脚光は浴びてませんが、ミニアルバム「EVERYBODY PREFFERS」は珠玉の名作。

Floozy Drippy’s

1990年前半に活動したガールズロカビリーバンド。
確認できているのは2枚のシングル「Girl’s Rockin’!!(1993)」「Vanity Girl Is Pretty Girl (1994)」のみ。
「ちびっこカウボーイ」は「Girl’s Rockin’!!」のB面。

イントロを聴いた瞬間に、すぐにジッタっぽいのが伝わるんじゃないでしょうか。

tomomi with wface

wfaceというロカビリーバンドとtomomiという女性シンガーのユニット。
「breakaway」は限定デモアルバム「early times(2004)」に収録された60年代のR&Bシンガー、アーマ・トーマスのカバー。

ジッタの「知らない街へ」はこの「breakaway」にインスパイアされたんじゃないかと個人的に考えてます。

この曲は確認できてるだけでも25組にカバーされている名曲で、tomomi with wfaceのカバーはその中でも最高の一曲。
残念ながら現在は活動されてないようです。

青野美沙稀

ロカビリーバンド「BLACK CATS」のドラム久米浩司の娘で、現在はMISAKI & THE JACKPOTというバンドで活動中。

アルバム「1959」では布袋の「バンビーナ」やレベッカの「フレンズ」のカバーをしてます。
中でも「Sweet Devil」の「Diamonds」が一番彼女の声質やキャラに合っていて、歌詞も本人の台詞のようにしっくりきます。

ロカビリーはあまり陽の当たらないジャンルかもしれないけど、これは万人に届くポップアルバムだと思います。

LEARNERS

ラーナーズもオールディーズの名曲を複数カバーしているロカビリーバンド。2015年に1st「LEARNERS」でデビュー。
どのカバーもただの2番煎じじゃなく、バンドのカラーがきちんと反映されてるところがいいです。

ちなみに定番曲「I Want You To Be My Baby」は雪村いずみ、Akikoのカバーもオススメ。

2018年リリースの「TAKE A TRIP」がすごくジッタを感じる一曲だったので追記。
全体的に近いんだけど、「ちょっとしたトラブルなんて〜」(00:45)辺りなんか特に。
ハッとするくらいジッタっぽくて、思わず春川玲子の姿が浮かびました。

リンドバーグ

主に1990年代に活躍したポップグループ。
2014年から活動再開していますが、2018年4月にvocal渡瀬マキが「機能性発声障害」を公表し、実質活動停止中だと思われます。

声のキャラクター的に最もジッタに近いと思うのが渡瀬マキ。
彼女の真っ直ぐでハリがあって伸びやかな歌声は春川玲子と似ていると感じます。

unlimits

2002年から活動している男女4人バンド。
歌謡曲風のロック・ポップスが特徴で、ジッタリンジンの「let me down」をカバーしてます。

低めの声質や男女2人ずつの構成から、初めて聴いた時の印象は「ガーネットクロウっぽい」。
なので、ガーネットクロウ好きも絶対好きな気がします(ガーネットクロウは2013年に解散)。

楽曲のクオリティの割に知名度はそこまでという意味でも、かなりオススメしたいバンド。

小島麻由美

1995年に「結婚相談所」でデビューしたシンガーソングライター。

「ジャズ、スウィング、ロック、昭和歌謡、フレンチポップ」といった様々なジャンルをごった煮にしつつ、どの曲も純度100%の個性を放っているのも、ジッタと共通してると感じるところ。

「真夏の海」は18歳のときに作曲したそうです。
天才ですね。

ちゃらんぽらんたん

これはわかりやすく、アコーディオン繋がりでピックアップ。
もも、小春の姉妹二人組のユニットです。

「一曲紹介なのにこれか」という選曲ですが、夏フェスの定番曲だし、好きなので。
ベイ・シティ・ローラーズの「サタデー・ナイト」のカバー(ひきこもりversion)で「ソトデナイ」。

行方知レズ

「ガールズボーカル」の紹介記事ですが、最後にそのルールを無視してでも紹介したいバンドを。
渋い男性ボーカルで全然テイストは違いますが、ジッタのようにスカを基調としたパンクバンドです。

ジッタ同様2000年代は活動してましたが、いつのまにか活動休止状態に。
でも、きまぐれのように、たまにライブしているようです。

渇いてるのにウェットで、ニヒリスティックなのに喜びに溢れていて、叙情的なのにリアル。
うまく伝わりそうにないけど、そんな独特の空気感のバンドです。

apple music、spotifyでも聴けるのでぜひ。「マチルダ、朝の光」あたりがオススメ。
配信してないアルバムも中古だと比較的入手しやすいようなので、気になった方はチェックしてみてください。

“ Comment ”

「*」入力必須。メールアドレスは公開されません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.