邦楽エレクトロ・スウィングシーンの注目アーティスト・トピック 覚え書き

本当にここ何年かの話だと思うんですが、チラホラ日本国内でもエレクトロスウィングの話題を目にするようになりました。

この記事ではそんな日本のESシーンの注目アーティストやトピックを集めました。
一つ一つはざっくりまとめてるので、音源聴いて気になったものがあったらさらに掘ってもらえたらと思います。

あまり主観は交えず淡々と書いてますが、ES好きなら刺さるものが少なくないはず。
また気づいたことがあれば追々更新していきます。

邦楽エレクトロスウィング 【歌・歌手】

水崎うき

元々アイドル活動などをしている中、2017年にエレクトロスウィングとの出会いに衝撃を受け、ESシンガーになることを決意。

ESを知って数ヶ月後にはクラウドファンディングで資金を集め、翌年自主制作CDをリリース。
それからもライブ活動、新曲リリースと精力的に活動されています。

作曲は提供してもらって、作詞は自身で手がけているみたいですね。
特にフランスのDimie Catを敬愛し、Dimie Catのカバー曲もリリースしています。

official site
http://mizusakiuki.com/

majiko(まじ娘)

2010年からニコ動で歌手活動を始めたシンガーソングライター。
ES専門という訳ではないですが、ESやスウィングジャズが好きで、曲によってそのテイストが色濃く表れています。

特に3rd Album「寂しい人が一番偉いんだ(2019)」の「ワンダーランド」と「パラノイア」はES・ジャズを意識的に取り入れてるようです。

「ワンダーランド」はイントロから思いきりエレクトロスウィングだし、タイトルもcaravan palaceが浮かびます。

[参考]
「majiko「寂しい人が一番偉いんだ」インタビュー|ピントを合わせて“味方”へ届ける最新作 – 音楽ナタリー」

official site
https://www.majiko.net/

FAKE TYPE.

2013年にトラックメイカー「DYES IWASAKI」とMC「トップハムハット狂」で結成された音楽ユニット。
エレクトロスウィング調のキャッチーなメロディに歌唱とラップを自由に行き来するボーカルというユニークな音楽性で注目を集めます。

ユニットしては2017年に活動を休止。
それからは個々で音楽活動を続けられていて、個々の楽曲はESテイストからは離れているようです。

official site
https://www.faketype.net/

邦楽エレクトロスウィング 【DJ】

Tamiko(岡部萌子)

2013年よりエレクトロスウィングの活動を開始。
肩書きは多岐に渡っていて、DJ、Singer、Producer、番組MCとして活動されています。

クラブミュージック専門ラジオ「DI.FM」ではエレクトロスウィングチャンネル「Master Mix Party Japan」のDJを担当。
https://www.di.fm/shows/master-mix-party-japan

2019年6月には代表理事として一般社団法人エレクトロスウィング協会「ElectroSwingJapan」を設立。

音楽ジャンルの社団法人って初めて聞いた気がします。
少し前に「ロック検定」なる全然ロックっぽくない検定がありましたが、ESはフォーマルで組織チックなものがなんか似合いますね。

Onnoji

ヒップ・ホップ、ハウスを中心にDJ活動を開始し、現在はESをメインに活動。
イベント等でのDJの他、「Sound Cloud」や「MixCloud」といったサービスにESのMixを上げています。

選曲は洋楽中心ですが、日本語の曲も扱われていて「Electroswing_2019springmix」では後半に「Land Jump(水崎うき)」、ボカロ曲など3曲ほど収録されてます。

↓「PSYQUI(サイキ)」の「ヒステリックナイトガール」のmash up。

音源
Onnoji | mixcloud
Onnoji | soundcloud

邦楽エレクトロスウィング 【カバー曲】

ESはカバーが盛んですが、邦楽のカバーだと今のところ「ジブリ」くらいしか見かけていません。

「ELECTRO SWING GHIBLI Ⅰ、Ⅱ」(2011)

「Ⅰ 、Ⅱ」両方とも2011年リリースでインスト中心。
歌ものはそれぞれ3〜4曲ずつです。

主旨とちょっとズレますが、ジブリは「All That Jazz 1、2」というジャズカバーも出ていて、個人的にはこっちの方が断然好みなので合わせて紹介しておきます。

「All That Jazz」は1、2共にインストと歌ものが半々になっていて、特に歌ものが秀逸。
「風の谷のナウシカ」「時には昔の話を」辺りがおすすめです。

邦楽エレクトロスウィング 【その他のトピック】

守備範囲外のジャンルでよく分かってないものもありますが、その他目に留まったES関連のトピックを紹介。

TickTock

人気の動画アプリ「TickTock」ではエレクトロスウィングの曲がひんぱんに使われてたりします。
Yolanda Be Cool & Dcupの「パッパラ☆アメリカ〜ノ」やCaravan Palaceの「Wonderland」はTickTockやってる人なら何度も耳にしてるはず。

ボカロ

ニコ動では「エレクトロスウィング」のタグがついたボカロ動画が100本以上が上がっています。
「ぬゆり」の↓この動画は約200万再生。

フォートナイト

ゲームはやらないのでこれは本当によく分かってません。
フォートナイトというゲームでESの曲とダンスが使われてるみたいです。

所感

アプリ・ボカロ・ゲームでのエレクトロスウィングの「人気」をみて思ったこと

「TickTock」はかなりESが流れていて、そういう意味ではすでに日本に浸透してると言っていいほど。

でも、おそらくESと認識してる日本のユーザーはほぼいない気がします。
ただノリがいいBGMという感じで、日常で聴く「鑑賞用の音楽」という認識にはなってない感じ。

邦楽のヨルシカや倉橋ヨエコなどは「TickTock」発信で注目が高まったので、その辺が洋楽の弱点というか残念なところ。

他にもボカロ・ゲームでESを耳にするユーザーは増えつつ、それが洋楽・邦楽のESシーンへの流入に繋がってるかというと、そうでもない印象を受けます。
ESというジャンルは同じでも、エンタメとしてのジャンル間に壁があるというか。

そういえば自分も小学生の頃、校内で「スタンドバイミー」が毎日流れてたんですが、音楽として認識して感動したのは高校の頃に映画「スタンドバイミー」を見た時。

そんな意識の変化みたいのが必要な気がしますね。
洋楽ではなく、日本語のESが流れたらそれだけで興味を持つ人は増えるとも思います。

さいごに

日本のエレクトロスウィングシーンのまとめでした。
他にもいくつか関連ネタはあるんですが、またそのうち追記してこうかと。

邦楽エレクトロスウィングはもちろん、エレクトロスウィング自体もまだ日本では認知されているとは言えないでしょう。
定着する前の一つの音楽シーンの始まりを目にすることは中々ないので、そういう面でも興味深いしこれからが楽しみだなと思います。

関連記事