「FANTASIST」MV撮影中に感じた降谷健二(kj)のカリスマ性

ジブラによる「公開処刑」について書いたので、合わせてドラゴンアッシュのMV撮影に参加した時のことを。

参加したMVは「FANTASIST(ファンタジスタ)」。
2002年なのでもう今から16年も前の話になる。

でも、MVの撮影中「降谷健二ってやっぱ別格だな」とカリスマ性を感じて、いまだにハッキリ覚えてることがあるので、そのことについて紹介したい。

「FANTASIST」MV撮影に参加したキッカケ

最近はMV(Music video)というのが主流かもしれないけど、以前はPV(Promotion Video)と言っていたと思う。

当時、自分はドラゴンアッシュのファンクラブ「D.A. CREW」の会員で、その会報でPV撮影参加のお誘いがあったので、申し込んだ。
希望者は大量にいただろうし、確か抽選で当選したんだと思う。

ライブと違って、費用はかからず無料。
他に連れを一人同伴しても良かったので、友達を誘って二人で参加することに。
(連れは会員じゃなくても良かった)

撮影の時期は大学の試験期で、自分と友達はまさに受験生。
しかも、撮影日は試験の前日だった。

そんな状況でも、PV参加を優先してしまうところからも、いかにKjに心酔していたかが伝わるんじゃないだろうか。
(伝わるのは自分の無計画さかもしれないけど。まぁ、本命校じゃなかったからというのもある)

当日は駅で受験に向かう同級生を見かけて、どこか後ろめたさを感じつつ、撮影地に向かったのも覚えている。

「FANTASIST」PV撮影の様子

参加者が映っている箇所

後ろでワイワイしてるのが、ファンクラブの会員。
PVだと一組だけのようだけど、この集団が数組いて、交代で撮影している。

自分がいたのは左斜め後ろあたり。
でも、必ず映ってるとは限らなく、暗いので自分が映ってるかどうかはいまだにわからない。

撮影当日しんどかったこと

全体的に覚えてるのは、とにかく時間がかかったこと。
PVの時間は5分位。実際に撮影に参加した時間も数十分くらい。

でも、待ち時間がやたら長く、朝早く出かけて、帰りは真っ暗になっていた。
誰かメンバーの到着が押しているとかもあって、「いつ始まるのか、いつ終わるのか」全くわからない中で延々待っているような状況だった。

数百人はいるファンを数組に分けての撮影で、その順番的にも自分達は後半。
撮影に参加できたのは何時間も待ってからのことだった。

PV撮影中に感じた降谷健二のカリスマ性

長々と待って、やっと待機してる所からセットのある場所へ移動。
撮影が始まることに。
まずはスタッフから撮影について説明があった。

その間、メンバーはセットの前で待っていて、Kjもセット真正面の椅子にドカッと腰を下ろしていた。
その隣に取り巻きっぽいスタッフがいて(自分にはそう見えた)、いかにも主役っぽいオーラを漂わせていた。

粛々と撮影がすすんで、観客だけがノッてるシーンのカットを撮るという時だったと思う。

ファンがメンバーに対して一緒に観客の間に入って撮ろうと、手拍子とかで煽り始めた。
メンバー全員に向けてではなく、一人ずつを指して順番に誘う感じで。

この時、誰から来たかは覚えてないが、何人かが「仕方ないなー」という感じで苦笑いしつつ観客の間に来てくれた。
そして、ファンの煽りの矛先はKjにも向く。

そのファンからの呼びかけに対するKjの反応というのが、いまでも鮮明に覚えてることだ。

ライブの時のように、一体となって盛り上がるファンと会場。
ファンたちの真正面で、椅子に腰掛けているKj。

確か撮影以外ではサングラスをかけていたKjは、しばらく反応しなかった。
それでも、ファンはKjも来てくれるだろうと全く疑ってなかった。

こんな楽しくて温かい空気の中で、ファンの呼びかけに応えてくれないはずがないと思っていた。

が、ファンに向かってKjが返したのは、中指を立てるというリアクションだった。

それでも場を成立させてしまう存在感

一瞬で、空気が変わってシンとなる会場。

でも、そこで流れた空気は反感や不満ではなく、「まぁ、Kjが嫌なら仕方ないか」というものだった。

実際、また撮影は粛々と再開して、序盤通り最後まで盛り上がって演奏シーンを撮り終えた。

観客はファンの中でも信仰の厚いファンクラブの会員。
しかも、真冬にわざわざ会場まで足を運んで、長時間待ってくれた人達。

自分みたいに試験日前日の1日を捨てて来た人間もいる。

そのファンに向かって、中指を立てて、黙らせる。
そして、それでも納得させて、場を成立させてしまう存在感。

それがその時、「普通は真似できない」と自分が感じた降谷健二のスゴさだった。

さいごに

この時、Kjは23歳で自分とそんなに年は変わらないし、まして会場には年上の方が多かったはず。

DAの曲に「君たちも何かでここに並ぼう」という歌詞があるが、「いや、どう頑張ってもそんなところに行けそうにない」と思わされた体験だった。

普通に呼びかけに応じてくれたメンバーがオーラがないみたいな感じになってしまって、その点申し訳ないが。

この時まだ正式メンバーじゃなかったダンサーのDRI-VやATSUSHI、ギターのHIROKIがDAのファンを無下にできないのは当然で。

「FANTASIST」の撮影ではそんなことがあったんだと思ってもらえたらと思う。

“ Comment ”

「*」入力必須。メールアドレスは公開されません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.