【キーワード選定に使える】YDNのサーチキーワードリストで検索ボリュームを確認する方法

昨年(2016年)、キーワード選定に利用されていたgoogleキーワードプランナーの仕様が変更されました。変更点は次の2つ。

  • 月間平均検索ボリュームの数字が「1万〜10万」など大ざっぱな数字に。
  • 月間平均検索ボリュームの月別推移のグラフがなくなった。

無料のままでは上記の機能が使えなくなり、復活させるにはadwordsに出稿することが必要になりました。

コンテンツ制作に利用できるメジャーなツールだったので、頭を悩ませた方も少なくないと思います。
仕様変更後に代替ツールなどを紹介する記事をチラホラ見かけました。

自分はマーケティングなど専門ではないのですが、上記2つの代わりに使えるツールがあったので紹介します。

使うのはyahooプロモーション広告の広告配信用のツール

1つ目はYDNのサーチキーワードリスト月間検索ボリュームを確認できます
2つ目はスポンサードサーチのキーワードアドバイスツールで、年間検索ボリュームの月別推移のグラフを確認できます

全く同じ機能ではないですが、ほぼ同じ目的で使えると思います。
また、登録作業が2回必要ですが、同じ管理画面内で使えます。

そして、一番大きいのがどちらも無料

「adwordsで広告費をかけるのはちょっと…」という方はぜひチェックしてみてください。

Yahooプロモーション広告の2つのツールで確認できること

まずどのようなデータが見られるのか、実際の画面のスクショを。
①YDNのサーチキーワードで「ホームページ制作」を調べた場合の結果です。

PCでの検索ユーザー数の他、SP、タブレットでの(Yahooでの)検索数が確認できます。

YDNはユニークユーザー数のおおよその数値なので、キーワードプランナーの検索ボリュームとは違う指標になりますが、キーワードを選ぶ際の参考にできます。
(関連語もキーワードプランナーほど豊富には出てこないようです)

キーワードプランナー同様、CSVでデータをダウンロードできます。

次に、②スポンサードサーチのキーワードアドバイスツール。
「確定申告」を調べるとキーワード候補がズラッと出てきます。

以前は月間平均検索ボリュームも表示されていましたが、今は出ません。
「検索ボリューム推移」タブをクリックして、月別推移を見るために利用します。

抽出されたキーワード候補の1年間の月別推移のグラフが確認できます。
こちらは具体的な数値は出ませんが、ニーズを把握するための目安にはできると思います。

確定申告関連なので、やはり年末から3月にかけて上昇してますね。
一番右のタブの「属性別検索割合」も使えるのであとで紹介します。

Yahoo!プロモーション広告とは

ツールの前に「Yahoo!プロモーション広告」について簡単に説明します。

「Yahoo!プロモーション広告」とは、次の3種類の広告を指します。

①スポンサードサーチ
…検索キーワードをもとに検索結果に広告を出す検索連動型広告。
②YDN
…Yahooニュースなど、yahooのコンテンツページの他、提携しているwebサイトのページへの広告配信。
③Twitter広告
…Twitterのタイムラインなどへの広告配信。

また、YDNの中に「サーチターゲティング」という、ユーザーが検索したキーワードを利用して広告出稿する方法があります。

サーチキーワードリストはYDNの「サーチターゲティング」のための、キーワードアドバイスツールはスポンサードサーチの施策のためのツールです。

簡単に言うとどちらもgoogleの【adwordsーキーワードプランナー】と同じ関係で、キーワード選定のために使えるものということです。

まずはアカウントを作成する必要があるので、登録の手順を説明します。

Yahoo!プロモーション広告に申し込む手順

「Yahoo!プロモーション広告のサイト」にアクセスし、「広告を出したい方はこちらから」から申込みます。
(必ず広告を出す必要はもちろんないです)
http://promotionalads.yahoo.co.jp/

① Yahoo!プロモーション広告に申し込む

Yahoo!プロモーション広告を利用するには、「Yahoo! JAPANビジネスID」を取得する必要があります。
※普段のYahoo!IDとは別。

まだIDを持ってない人は必要項目を入力して申し込むと「Yahoo! JAPANビジネスID」が取得でき、Yahoo!プロモーション広告(用のツール)を利用できます。

すでにIDを持ってる方は右上の「Yahoo!JAPANビジネスIDをすでにお持ちの方のお申し込み」からログインします。

会社名は本名で大丈夫なようですが、広告出稿する際はその名前をサイト内に記載しないといけないということです。
広告出稿の可能性もあり、個人情報など心配であれば、屋号にすると良いと思います。
(開業届けを出していなくても思いついたものでもOK)。

② 入力内容を確認

確認画面で「管理者情報」を確認、規約に同意し、「確認コードを送信する」をクリックします。

登録したメールアドレスに次の画面に入力する確認コードが送られてきます。

③ Yahoo!ビジネスIDの設定

メールに記載された確認コードと Yahoo!ビジネスIDのpasswordを入力します。

④ 電話番号認証

電話番号を入力すると、SMSで認証用の番号が送られてくるので、入力画面で入力します。

⑤ ログイン

メールで送られてくる「Yahoo! JAPANビジネスID」と自分で設定したパスワードでログインします。

⑥ 広告管理ツールを開く

「広告管理ツール」をクリック。

ページ右下の「広告管理ツール」をクリック。

Yahooプロモーション広告の管理画面が開きます。
上で説明した「スポンサードサーチ」と「YDN」もメニューにありますね。

これで「スポンサードサーチ」でキーワードアドバイスツールは使えますが、まだYDNの方は利用できません。
YDNのタブをクリックすると次の画面が出るので、別途アカウントを作成します。

⑦ YDNの新規アカウント申し込み

YDNの登録はアカウント名の入力など数項目の必須項目だけで済みます。

これで「スポンサードサーチ」と「YDN」も使えるようになりました。
10分もかからない作業だと思います。

参考:スポンサードサーチの始め方
https://goo.gl/7kT2rl

「お申し込み方法(PDF)」内に次のような注意がありますが、自分は特に電話連絡はないです。

「Yahoo!プロモーション広告にお申込み後、申し込み意思確認のため、ご利用開始前に電話で連絡する場合があります。」
「当社の基準により、お申込みをお受けできない場合があります。」

次にそれぞれの使い方を説明しますが、これも簡単です。
まずはYDNのサーチキーワードリストを使って検索ボリュームを確認する方法から。

YDNサーチキーワードリストで【検索ボリューム】を確認する

「YDN」のタブを選択後、「ツール」→「サーチキーワードリスト管理」をクリックします。

次の画面に移るので「サーチキーワードリスト作成」をクリック。

キーワードを入力し、「使用できるサーチキーワード候補を検索」をクリック。

入力したキーワードや関連したキーワードでのデバイスごとの検索ユーザー数が表示されます。

ユニークユーザー数なので、例えば検索ユーザー100人で、検索回数2回以上が10人だとしたら回数的には
「90回(検索回数1回×90人)+20回(検索回数2回×10人)」=110回以上
という見方ができるかと思います。

オプションで「URL」での検索や、「完全一致で検索」、「有効期間」、「検索回数」を選択可能です。

活用方法としては、次のようなものが挙げられます。

  • キーワードと合わせて検索されている関連語がわかる。
  • 関連語ごとのニーズの差がわかる。
  • デバイス対応の必要性がわかる(例えば「カフェ」で検索するとスマホ検索が断然多くなる。)

スポンサードサーチのキーワードアドバイスツールで、検索ボリュームの月別推移を確認する

2つ目。検索ボリュームの推移について。
メニューの「スポンサードサーチ」をクリックして、「ツール」の「キーワードアドバイスツール」をクリックします。

調べたい「キーワードまたはフレーズ」を入力して、「キーワードを抽出」をクリック。
「キーワードを拡張」にチェックすると関連語も抽出し、チェックを外すと入力したキーワードのみ抽出します。

次に「検索ボリューム推移」のタブを選択すると、過去1年間のボリュームの推移が確認できます。
これは関連語も含めたボリュームなので、拡張せず「確定申告」のみで調べるともっと顕著に12月〜3月に集中しているのがわかります。

「グラフ形式:月別」の隣の「時間帯別」で、時間帯別の推移も見ることができます。

もう一つ、キーワードアドバイスツールで便利なのが、隣のタブの「属性別検索割合」
ここでは「性別・年代・地域・曜日」別の割合がグラフで確認できます。

具体的な数値ではなく割合しかわかりませんが、広告や記事の内容、アップするタイミングなどを検討する際に参考にできます。
(地域別はマウスをのせると各地域の数値がパーセントで表示)

普通に色々調べてるだけで世間の需要や動向が見えてきて面白いです。

まとめ

yahooプロモーション広告の2つの機能の紹介でした。
特にキーワードごとのボリュームを確認できるYDNのサーチキーワードリストは、キーワードプランナーの代わりとして重宝するのではないかと思います。

ジャンルによってyahoo、googleで検索数に差がある場合もあるので、有料のキーワードプランナーの結果と両方確認できるのが一番いいとは思います。

ちなみにこのブログはweb関連が多いからか断然googleからの検索が多いです。

この記事を書いた理由について補足

上でも書いたように自分は特にマーケティングが専門でも詳しいわけでもありません。

たまたま最近参考書で上記のツールを知りました。

「これキーワードプランナーの代わりに使えるのでは?」と思ったのと同時に、そういえば一度も紹介記事を見たことがないのがひっかかりました。

おそらく、昨年まではキーワードプランナーで全てまかなえたので、あまり認知されてないような気がします(参考書もキーワードプランナーで検索数が出た頃の出版なので、補足程度の紹介になっています)。

また、元々広告を利用するためのもので、seoやライティングのために使われるものではないからかもしれません(それを言ったらキーワードプランナーもそうですが)。

↓前の記事で紹介した「沈黙のWebライティング」でも(具体的な検索数が出た頃の)キーワードプランナーのみ取り上げてます。

「Webライティングの重要性を再認識した3つのキッカケとたった一つの大切なこと」

それと、「あまりこういう使い方を推奨するのはよくないのかな?」とも思いました。
広まったら広まったでキーワードプランナーのように無料で使えなくなる可能性もありそうだなと。

そんな心配もありつつ、現状使えるし便利なのでシェアしようと思い記事にした次第です。

↓このツールが紹介されてた参考書。

ぱっと見、射幸性を煽るような表紙に逆に不安になりそうでしたが、ものスゴく真っ当なキーワード選定の考え方が詳しく学べます。
一部ツールの内容は古くなってますが、全体的な内容は色褪せないものばかりです。

seo・マーケティングは「発信する側のための手法」というイメージかもしれませんが、これを読んで、発信する側が知識を身につけるのはユーザーにとっても有益だと改めて思いました。

最近特に「専門知識はないけど、Webに強いから上位にあげられてる」ページと「有益な情報を持ってるのに、webの知識がないから埋もれてる」ページがあるように感じます。

個人的な所感ですが、そのギャップは広がってるような気がします。

後者の人はWebの知識も身につければ鬼に金棒だと思うし、そういう人こそseoなどWebの勉強もするといいんじゃないかと思います。

いちユーザーとして専門家の情報ほど上位に来て欲しいですし。

この記事もニーズ先行でうすい記事を量産しようとしてる人のためではなく、まずは発信したい情報があるという人の役に立てばと思い書きました。