アクション素材を使ってみる-LetterPress Effects-

03Thumb

今回もphotoshopvipさんでアクション素材をdawnloadして使用してみたので、その過程をメモ。
(PC環境:Mac OS X、Photoshop CS6)
photoshopでのアクション素材のdawnloadも初で、その際ある2箇所でつまづきました(後述)。

まず、選んだのはシンプルで使い勝手の良さそうなコチラの素材。

『レタープレス(型押し文字)をクリックひとつで完成させるPhotoshop用アクション素材ファイル』

vip

手順まとめ

①リンク先のサイトでファイルをdownload。

②downloadしたzipファイルをクリックして解凍。

まずここでいきなりつまづきました。

正確な記載は忘れましたが、『この拡張子を持つ圧縮ファイルは解凍できない』という旨のメッセージがダイアログで表示され、解凍できません。
そこで拡張子を見てみると、『rar』という見慣れない文字。

調べてみると、

『rar』とはRAR形式で分割・圧縮されたファイルに付く拡張子のことである。
ファイルの分割に対応してるため、ZIP形式やLZH形式と比べても圧縮効率がよい。分割されたファイルには、最初の「.rar」以降「.r00」「.r01」「.r02」…と順に拡張子が割り振られる。

この『rar』拡張子がついた圧縮ファイルは現状の解凍ソフトでは解凍できないということですね。

ということで、『rar』に対応した解凍ソフトを探してみるといくつか発見。

WinRARなど有料のソフトもありましたが、やはり無料のthe-unarchrivunRarXを(意味はないですが念のため両方)インストールしてみました。

その後もう一度、圧縮ファイルをクリックすると無事解凍。

③圧縮ファイルの上にある『Letterpress Effects.atn』をダブルクリック

finder

すると、photoshopの『アクション』の項目に追加され、使用できるようになります。

panel

この素材は新規ファイルも自分で用意せず、アクションを選んで再生ボタンを押して、途中で何回か『レイヤースタイル』のダイアログで『OK』だけ押せば、基本的には完成します。

ただ、ここで一つだけ留意点が。
アクションの途中でこういったメッセージボードが出て、作業が中断され、このままでは工程が進めません。
not
これはアクション素材を作ったphotoshopが英語版で、インストールしたphotoshopが日本語版だから生じるズレだと思われます。

レイヤーの名前の表記が元は『Layer 1』なのに、自分のは『レイヤー 1』なので上手く行かないということです。
layer
なので、レイヤーパネルの表示を『Layer(半角スペース)1』に変更し、
もう一度再生ボタンを押してアクションを再開すればOK。

後は『Text』というデフォルトの単語を自分の好きな文字に書き換えれば完成です。

sample