【自作PCのススメ】組み立て編

初自作PC製作の記録、第二回目。
今回は一連の組み立ての流れと実際作ってみての簡単な感想を紹介しようと思います。
興味を持ってもらう【自作PCのススメ】という主旨なので、あまり細かいポイントには触れず、ザッと流れを紹介していきます。
(用いた各パーツに関しては前回の記事参照)

Sponcer Link

組み立て

全体①
パーツ一覧。

①CPU

マザボ②

まずはマザーボードのCPUソケットにCPUを取り付けます。

CPU③

黄色いシールの貼られた黒い保護カバーを外し、レバーを上げ、ソケットにCPUを静かにのせるだけですが、重要な部分なので結構緊張します。
のせ方がちょっと雑だったので、それだけで『破損したかも…?』と最後まで心配することに。
静電気にも弱いデリケートな部分なので、気をつけましょう。

CPU④

②CPUクーラー

CPUクーラーの四隅のピンをマザボの溝に押し込み、『CPU_FAN』と印字された端子にケーブルを差し込みます。

CPUクーラー⑤

③メモリ

メモリスロットにメモリを取り付けます。
向きがあるのでそこだけ確認すれば(メモリの真ん中から少しズレた部分に切り欠けがあるので、それをスロットの突起に合わせる)かなり簡単な作業になります。

メモリ⑥

④電源ユニット

PCケースの天板などを外し、電源ユニットをセットします(配線はマザーボードを組み込んでから)。

電源⑦

⑤I/Oパネル

USB端子やDVI端子となるI/Oパネル(マザーボードに付属)をPCケースの背面に押し込んで取り付けます。

IOパネル⑧

⑥マザーボード

ネジでマザーボードをPCケースに取り付けます。
I/Oパネルの位置にしっかり合わせるようにセットするのがポイント。

マザボセット⑨

⑦電源コネクタ

電源ユニットのメイン電源コネクタ(24ピン)をマザーボード上の端子に接続します。
(写真を撮り忘れたんですが、『12V電圧コネクタ』もここで接続)

電源コネクタ⑪

⑧電源スイッチ、リセットスイッチなど

PCケースの全面にある電源スイッチやリセットスイッチ(パワースイッチ類)とUSB端子、オーディオ端子をマザーボードに接続します。
パワースイッチ類とソケットには『+』と『ー』があるものがあるので要注意。
(ここもはっきりと覚えてないんですが)全部に+ーがあると思っていたら、+ー関係ないソケットもあって、その勘違いで結構時間とられました。

パワースイッチ類⑫

USBとオーディオ端子。

USB⑬

オーディオ端子⑭

⑨SSD

HDDマウンタの下部の3.5インチベイにSSDを取り付けます。
配線はマザーボードのSATA3.0端子とSSDのSATA3.0端子をSATAケーブルで、電源とSSDをSATA電源ケーブルで接続します。
(画像わかりにくいですね、、ベイの中にSSDがあって、PCケースの背面からネジでとめてます)

SSD⑮

⑩HDD

HDDマウンタの上部にHDDをセット。
同じくマザーボードのSATA端子(3.0か2.0か失念)とHDDのSATA端子をSATAケーブルで、電源とHDDをSATA電源ケーブルで接続します。

HDD⑮

⑪サウンドボード

ラスト。今回の自作PCのメインとも言えるサウンドボードをPCIスロットに取り付けます。
これも差し込むだけなので簡単です。

サウンドボード⑯

ケースの背面から見た図も。
ライン出力しかない(イヤホンが直接させない)ので、ここにライン出力⇔ステレオミニジャック変換コードをかませて使います(のちのちヘッドホンアンプを購入予定)

サウンドボード⑰

完成

本当にざっとで画像沢山使った割に薄い内容になってますが(しかも、結構時間経っていて覚えてない部分もあり、、)
『自分にもできそう、作ってみようかな』と自作未体験の方に興味もってもらえたら幸いです。

完成⑱

サムネイルに使ってるけど外観も。
シックな佇まいにいかにもメカニックな青い電源ランプが良い感じで気に入ってます。

完成⑲

初自作を終えての感想

ネットなどで『自作はプラモより簡単』なんてコメントを見かけていて、確かに組み立て自体はそんなに難しくない作業でした。
でも、パーツ選びや配線などの知識が最初は必要になるので一概に『プラモより簡単』とも言い切れないかと。

作業工程はシンプルだけど、なんだかんだトータルで四時間くらいかかりましたしね。
やはり初なので気の抜けない場面の連続で、結構疲れたし、電源をつけて普通に起動してくれた時は、かなり安心したし、感慨深いものがありました。

その他所感、注意点

○ドライバーはマグネット式が◎。
ただ、今回買ったマグネット式ドライバーは100均のもので、磁力が弱過ぎて使えなかったので、道具はケチらずちゃんとしたものを買うべき。
○マザーボードの日本語マニュアルは特に有り難みはなかった。ネット検索があれば十分。
○CPUの取り付けが雑でピンを傷つけてしまったかもと思ったり、一回マザーボードにドライバーを落としてしまったりということがあったので、作業中の破損にも対応した長期保証(500円)には入っていて良かった。

インストールに関しては特に書くこともない気がするので、とりあえずたった2回ですが『自作PCのススメ』でした。

Sponcer Link
“ Comment ”

「*」入力必須。メールアドレスは公開されません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Sponcer Link